酷い乾燥肌対策に私のお勧め3アイテム

3つのアイテムで冬の乾燥を乗り切る!

私はひどい乾燥肌で、季節を問わず1年中悩まされています。

 

幼少時代から冬になると必ずほっぺたやひじ、ひざに粉をふいていたので、正真正銘、子どもの頃からの筋金入りの乾燥肌!
おまけに敏感肌でもあるので、特に乾燥する季節はちゃんとケアをしないと地獄です。
乾燥したところが敏感になり、口の端が切れたり、カサカサになった頬が冷たい風でピリピリしたり、化粧品がしみたりして辛いです。

 

それに肌がガサガサになると、お化粧のノリも悪くなるんですよね・・・。肌荒れしたところがみっともないから、ファンデーションで隠そうとすると、刺激になってしまう。刺激になると肌が荒れてますます乾燥する、の悪循環。常に肌が綺麗な友達が羨ましくて羨ましくて仕方ありませんでした。

 

とにかく乾燥肌で長年悩んできた私なので、ありとあらゆる対処法を試してきました。
なので、乾燥肌対策にはかなり自信ありです!
いろいろ試してきた中で、最も効果的な方法とアイテムをご紹介します。

 

スチーマー・シートマスク・油分の上手な使い方

 

まず乾燥ケアに大切なポイントとして、第一に当たり前でのことではありますが、肌に水分を与えて外から潤すこと。
潤す方法の中でもオススメなのがスチーマーとシートマスクです。

 

まずお風呂あがりにスチーマーに当たります。
スチーマーはスチームで潤いを与えるだけでなく、後述するお肌の血行促進にも効果的なので本当におすすめです。

 

その後、さらにお肌を潤すためにシートマスクをします。
シートマスクは安いもので構わないので、とにかく毎日行うことが重要です。
朝晩行っても構いません。

 

私の経験からいうと、高い化粧水をちょちょっとつけておしまいにするより、安いシートマスクできちんと潤す方が、乾燥肌対策には断然効果的です。

 

そして、せっかく与えた水分が逃げてしまわないよう、油分が入ったものでフタをします。

 

クリームでもオイルでもお好みのもので構わないと思いますが、私は馬油がおすすめです。乾燥しているときは、同時に刺激にも敏感になっていると思いますので、刺激から肌を守るためにも、きちんと油分でガードすることが大切です。

 

血の流れも意外と大事なポイント

 

潤す方法のほかに、乾燥肌対策で意外と大切なのが血行を促進することです。
体が冷えていると、肌も荒れて乾燥します。

 

なので、私は常に体を温めることを意識しています。お風呂のときは必ず湯船につかる、温かい飲み物を飲む、生姜を意識して食べるようにする、寝るときは湯たんぽを使う、冬場の寒いときに外出する際は腹巻をしてカイロを腰に貼る、などして冷え対策をしています。
前述したスチーマーも顔のお肌の血行促進に効果的です。

 

これらの方法で私の乾燥肌は改善され、近頃はかなり調子がよくなりました。
ひどい乾燥肌に悩まされている方は、ぜひ試していただきたいです。

 

乾燥肌が悪化すると湿疹に!

 

乾燥肌が酷くなると、服などのほんの些細な刺激で肌が過敏に反応して、かゆみを感じることも多いですよね。

 

そうした痒みを我慢するのは、修行のように辛いこと(笑)
大人でもついつい掻き毟ってしまうこともあると思います。

 

しかし、そうした痒みを伴う乾燥肌は「皮脂欠乏症湿疹」という名の皮膚疾患である場合が多いので要注意。

 

一度湿疹が出てしまうと、きれいな肌に戻すまでに時間が掛かります。
皮膚科を受診して処方してもらえる薬には副作用もあります。

 

「まぁ、ただの乾燥肌だから・・・」と甘く見ていると、痒みを伴って湿疹が出てくるケースもあるので注意が必要です。

 

肌の乾燥は放置して治ることはゼッタイにありませんので、早めの対策が必要だと肝に銘じてくださいね。

 

参考 → 乾燥肌による湿疹(皮脂欠乏性湿疹)の危ない治療法にご用心!

お肌の乾燥はシワの原因にもなるので対策が必須

女として30数年生きてきましたが、やはりここ最近はアンチエイジングに敏感に反応してしまうほど、肌の老化が気になってきています。

 

特に目じりのシワや以前よりも確実に深くなってきたほうれい線が・・・。
鏡を見るたびにちょっぴり朝からへこむ毎日です。

 

やはり私は昔から重度の乾燥肌なので、肌の老化も早いのかもしれません。

 

肌が乾燥するということは肌表面の角質層のキメが乱れているということです。そこから水分が蒸発してしまうので、肌の水分量が減ってしまうんですね。

 

そして角質層が乱れているということは、外部からの刺激に過敏に反応してしまう事も意味します。
つまり乾燥肌でありながら敏感肌というダブルパンチな状態です。

 

肌の状態によっては普段から使っている化粧品がちょっとヒリヒリと染みたりするので、本当に私のお肌は大変です。

 

私のようにならない為にも乾燥気味かな?と思ったら早めに保湿をしてあげることが何より大切だと思われます。

 

冬の間だけではなくて、春や夏の強い紫外線も角質層にダメージを与えるので、肌の乾燥に繋がります。ここは意外と気が付いていない方も多いんです。

 

1年を通してUVケアをしながらも、乾燥を感じたら即保湿。
これが面倒でもお肌を健康に保つ秘訣ですね。

更新履歴


このページの先頭へ戻る